読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕の読書メモ

札幌在住の25歳。読書とコーヒーと服が好きです。上手な文章を書けるようになりたいです。

【読書記録】2017年4月の読書数は24冊でした。

今日で4月も終わりですね。

今月は、仕事が忙しく、労基署にお世話になりそうでならないぐらいには働いていたような気がします。

 

毎日終電で帰るような日々も続く中で、仕事の昼休みなどなんとか時間を見つけてコツコツよみ、今月も24冊を読むことができました。よかった。

 

ただ仕事のストレスで小説を爆買いした結果、読んだ量よりも買った量のほうが圧倒的に多く、どんどん積読がたまっていきます。

今月だけで100冊は買っちゃったんじゃないかな…。ヘミングウェイとか、坂口安吾とか、浅田次郎とか、橘玲とか。

 

今、この文章を書いている僕の真後ろに、その積読たちが堆くいまかいまかと出番を待っている状況です。倒れてきたらどうしましょう。

 

そうそう、今月はこんな面白い本も買いました。

 

世界文学大図鑑

世界文学大図鑑

 

 

ずばり「世界文学大図鑑」の名前の通り、サセックス大学の文学部の講師の主導のもと、日本を含めた古今東西の名作文学が、図解による解説も含めて、350ページにこれでもかというぐらい記載されています。

税抜き4,200円。決して安くない金額ですが、出会って即決で買ってしまいました。笑

本読みの助けになりそうな一冊です。

 

さて、今月の読書報告をば。

 

f:id:masahirom0504:20170430231013p:plain

 

今月は24冊読み、2017年累計で現在126冊読んでいます。

 

そして今月読んだ本の内訳はこちら。

f:id:masahirom0504:20170430231100j:plain

東京創元社と宝島社オンパレードです。

推理小説好きなのが一発でばれるラインナップ。

 

僕自身もYOSAKOIソーラン祭りの運営をしていたのですが、踊り子の目線からYOSAKOIソーラン祭りが描かれた田丸久深さんの「YOSAKOIソーラン娘 札幌が踊る夏」や又吉直樹さんがおすすめしていた中華系アメリカ人のケン・リュウさんのSF短編集①「神の動物園」などがこの中では異色でしょうか。

 

YOSAKOIソーラン娘 札幌が踊る夏 (宝島社文庫)

YOSAKOIソーラン娘 札幌が踊る夏 (宝島社文庫)

 

 

 

紙の動物園 (ケン・リュウ短篇傑作集1)

紙の動物園 (ケン・リュウ短篇傑作集1)

 

 

月村了衛さんの「追想の探偵」は70年代特撮をテーマにした人探しミステリ(というよりは人情ストーリー?)でしたが、特撮の時代を全く知らない僕でも楽しめたのでお勧めですよ!

 

追想の探偵

追想の探偵

 

 

 

そんなところで5月も忙しい日々が続きます。

ゴールデンウィークも毎日出勤で、国民の祝日なんてあったもんじゃありませんが、来月もたくさん読めるといいな~思っています。

 

それではこの辺で。

 

 

 

広告を非表示にする